京都府の城陽模型は、プラモデル(ガンダム・戦車・戦艦・戦闘機・お城)鉄道模型(N・HO)・ラジコン(車・飛行機・ボート)エアーガン・カラー・塗装道具・工作部品等、種類豊富に取り揃えているお店です。

城陽模型

http://www.joyomokei.com/ HOME 店舗概要 お買物ガイド カートの中 お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ リンク

商品一覧

プラモデル

飛行機
車
バイク
戦車
艦船
アニメ
その他

ラジコン

車
飛行機
船・ボート
パーツ
その他

鉄道模型

蒸気・動力車
セット
客車
貨車
ストラクチャー
H.O
その他

特売品のコーナー

プラモデル
鉄道模型
その他

工作部品等

工具
カラー
展示用品
 
 
 
 
■商品詳細ページ


  ハセガワ F-104J スターファイター '戦競スペシャル' (00345)
  商品コード:H00345
ハセガワ F-104J スターファイター '戦競スペシャル' (00345)
  【商品詳細】
F-104シリーズ戦闘機は世界で初めてマッハ2の壁を破った迎撃戦闘機として知られています。原型のXF-104は1954年2月に初飛行するや、「人間の乗ったミサイル」の異名をとり、1958年5月には2,259km/hの世界最高速を記録し、当時世界で最も速い戦闘機として注目を集めました。
1959年に日本は老朽化の進むF-86セイバーの後継機としてF-104を国産化することを決定しました。これがF-104Jで、F-104Gの部品をもとに組立てられたものが最初の日本版スターファイターです。続いて29機がロッキード社による部品供給を受けてノックダウン生産がされ、1962年5月8日に初飛行を果し、以後は三菱重工業によって生産されました。
これとは別に2人乗りの練習機F-104DJが20機アメリカから輸入されました。日本では憲法によって攻撃性の兵器の所有が禁止されているためF-104JはAIM-9サイドワインダーミサイルと翼下に燃料タンクを装備し、迎撃用戦闘機として使用されました。
また、エンジンや武装も国産化がはかられ、J-79エンジンは石川島播磨重工業、JM-61バルカン砲は日特金属工業によってそれぞれ生産されました。F-104Jスターファイターは合計210機が生産され、1980年代中頃まで日本の防空任務に就きました。岐阜において保管されていた一部の機体は無線操縦用に改造されて飛行していました。(ハセガワのホームページより抜粋(F-104Jより))
1/72

1
  販売価格1,600円(税抜)
 
  戻る

この商品をお求めの方はこちらの商品もご注文頂いています。


copyright (c) 2010 JOYO-MOKEI all rights reserved.